横向き寝専用枕YOKONE2の効果

横向き寝専用枕YOKONE2の睡眠改善効果の秘密!

横向き寝専用枕YOKONE2はいびきを軽減し、睡眠の質を上げ朝に疲れが取れやすくなるまくらとして評判です。
ではなぜそんなに評判なのか、その真相に迫ってみました。

横向きで寝ることの効果
一般的に眠るときは仰向けの姿勢をイメージされると思いますが、最近はいびきの軽減や疲れを取れやすくする寝相として、「横向き寝」がテレビや書籍で注目されています。
その最大の理由とされているのがイビキです。

仰向けで寝ると気道が潰れてイビキをかきます。
イビキとは狭くなった気道を空気が通るときの摩擦音です。
私達人間は眠っている間に呼吸を4,000回程しています。

仰向けでイビキをかいて眠ると、スムーズな呼吸ができておらず、眠っている間にストローで風船をふくらませているようなものです。
風船を4,000個もふくらませるときついですよね?
これでは運動をしているのと変わらず、疲れが取れるはずがありません。

これを改善するためには気道を確保し呼吸がしやすくなる横向き寝が得策です。

では、横向きに寝る際に右と左のどちらを下にすればいいのか?
これは胃の出口を下にすると消化が良くなり内臓の負担が減りますので、右側を下にして足を軽く曲げ身体が逆S字になる姿勢が良いと言われています。

そんな睡眠効果を向上させる横向き寝をサポートしてくれるのが、横向き寝専用枕YOKONE2なのです!

横向き寝専用枕YOKONE2販売サイトへ

横向き寝専用枕YOKONE2はなぜ横向き寝に効果的なのか?

YOKONE2は特殊な形状をしていて、特許の技術で頭・首・肩・腕の4点を支えます。
高さも3段階に調節できるので男女共用ですし、好みに合わせて変えることが出来ます。

また枕カバーは冷感素材になっていて、「頭寒足熱」の効果で質の高い睡眠に繋げることが出来ます。
脳をクールダウンさせなければ眠ることが出来ないので、それをサポートするために冷感素材を使用しています。
しかし首元を冷やすと安眠にも身体にも良くないので、首元には肌触りの良い首元を冷やさない素材を使用するという、こだわりを持った枕カバーになっています。

さらに旧YOKONEでは、体格の違いや好みの違いによる硬さのご要望が多かった事から、YOKONE2では柔らかめと硬めが選択可能になっています。
基本的には硬めを選択すればいいと思いますが、特に柔らかい枕が好きな方は柔らかめを選択しましょう。

睡眠の専門家でもある田中伸明さん(ベスリクリニック院長)からも「YOKONE2は従来の仰向き寝から、安眠をつくる横向き寝を促す枕」として絶賛されています。
しっかりした睡眠が取れていないと感じている人、今の枕に満足していない人は、是非一度YOKONE2の効果を試してみましょう!

横向き寝専用枕YOKONE2の効果を実感された方の声

熟睡しすぎて時間がわからないという初めての体験
朝目が覚めたら「え!?」と思わずキョロキョロ回りを見回してしまいました。
なぜかというと、寝たはずなのに、全然寝ていないかのような不思議な感覚になったからです。
布団に入ったのは22時過ぎで、起きた後に時計を見たら5時でした。
一晩経っていたのに熟睡過ぎて時間がわからないという初めての体験をしました。


もっと早くから使っていればよかった!私にピッタリの横寝促進まくら!
横向きで寝ることが多いためか、今使っている枕は低く感じイマイチ合わないのかなと思っていました。
YOKONEが届いて、頭を乗せてみるとしっかり支えられている感がありました。
横寝の状態でも肩は痛くなく、こんな快適な枕は初めてだと思いました。

もっと早くから使っていればと急に後悔しましたが、これからは快適に寝られると思うと幸せです!
朝起きた時は、とてもスッキリした状態でした。
これからもこの枕のお世話になります!

横向き寝専用枕YOKONE2販売サイトへ

このサイトでは、訪問者の方が安心して購入出来るように、様々な販売ルートを調べて格安情報や最安値、送料無料で購入出来るか、無料や格安でのお試し・トライアルセットがあるかどうか、返品・返金などの保証についてはどうか、などの情報を調べて紹介していきます。また実際に使用しての効果・効能や使い勝手に関するレビュー、この商品に関するメリット・デメリットなども紹介していく予定です。